スーパーのレジシステム

ドイツに行かれたことのある方はご存知かもしれませんが、実はスーパーのレジシステムも日本とは一風変わっています。

 

写真にもある通り、ベルトコンベアーがありますね。

 

日本だと定員さんが籠の中に綺麗に詰め込んでくれますが、ここでの店員さんの役割は「商品をチェックして代金をもらうだけ」なんです。

 

チェックした商品をそのまま置けばベルトコンベアーが勝手に運んでくれます。

 

その後はセルフで自分で買い物袋(もちろん有料)に詰めて持ち帰るという流れです。
※さすが環境先進国でほとんどの方はMy買い物袋を持参していました

 

サービスという側面を削ったとてもシンプルな仕組みですね。

 

これを見ると、日本のスーパーのおばちゃん達がよくやっている、一瞬の判断で籠に隙間なく商品を詰め込むスキルがいかに高度なものなのかを思い知りました。

 

余談ではありますが、このベルトコンベアーに少年の心をくすぐられてしまい、その後も何回か敢えてスーパーで買い物をしてしまいました(笑)。